年末年始のご挨拶と休業日のお知らせ

本年も大変お世話になりました。
アメリカの「EB5・アメリカ投資永住権」の申請を中心に、
カナダ、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、
マレーシアの親子留学・移住のサポートを行ってまいりました。

アメリカは法人税の減税や「EB5・アメリカ投資永住権」も
2018年1月19日に延長されるなど、来年も色々とアメリカが注目される
1年となると思われます。

さて、年末年始の休業については次の通りです。

<年末年始休業日のお知らせ>
休業期間:2017年12月27日~2018年1月5日

・最終営業日:12月26日(火)
・営業開始日:1月9日(火)より、通常営業となります。

ご不便をお掛けしますが、宜しくお願いいたします。
お問い合わせは随時受け付けておりますので、info@ablife.jp まで
お気軽にお問い合わせください。

営業開始後、返信させて頂きます。

来年度はセミナーの開催も充実してまいりますので、2018年もどうぞ
宜しくお願いいたします。

【2018年1月11日18時】永住権が容易に取得できるポルトガル投資ビザ相談会

■世界中の富裕層が注目するポルトガルの投資ビザ(黄金ビザ)をご紹介します

ポルトガル黄金ビザとポルトガル不動産相談会のお知らせ

日本ではまだあまり知られていませんが、快適で安全な生活環境、優れた医療制度、英米国などに比べて教育費が安いインターナショナルスクールなど数多くのメリットを提供するポルトガルは、海外富裕層やヨーロッパの退職者などによる不動産の投資先として、あるいは子供の教育や家族揃っての長期滞在のための移住先や永住権取得の場として、現在世界中から注目を集めています。

温暖な地中海気候に恵まれ、中世の雰囲気を残したリスボンやポルトの街並みとのんびりした田舎の風景が共存するポルトガルは、物価が安く、英語が良く通じ、毎日の暮らしがとても快適な国です。イワシやタラなどを使ったシーフードやお米を食べるポルトガル料理は、日本人に親しみやすいものです。面倒見の良い人々の優しさは日本の心と共通するものがあると言われています。

また、ポルトガルは世界の“最も平和で安全な国”ランキングで3位に選ばれた安全な国です。治安が良く、難民問題やテロリズムの危険が小さく、国民性も温和で勤勉であるといった理由から、ポルトガルへの進出を決断する海外企業も多数あります。医療水準と教育水準が高く、スペインと比べて英語が良く通じることから、北欧などからの移住者も数多く住んでいます。

そのポルトガルが2012年に開始したのが、EU加盟国以外の人々が不動産投資によって長期居住権や永住権を取得することができる投資ビザ、黄金ビザ(Golden Visa)と呼ばれるプログラムです。

この相談会は、情報入手が難しいポルトガル黄金ビザとポルトガル不動産を理解する絶好の機会です。ご興味がおありの方は是非ご参加下さい。

【ポルトガル黄金ビザ】

ポルトガル黄金ビザでは、ポルトガル国内の不動産に50万ユーロ以上(建築後30年以上の一定の中古物件の場合は35万ユーロ以上)を投資することにより居住権の取得が可能となります。当初は1年間の居住が許可され、その後も不動産を保有することによりビザが更新され、5年を経過すると永住権の申請が可能となります。

不動産投資金額が50万ユーロ(約6,300万円)以上と比較的低く、投資および滞在要件の制約が少なく、一家3代の長期居住が可能となるポルトガルの黄金ビザは世界中からの注目を浴び、2017年4月末までに5,000人超の投資家が総額30億ユーロ(約4,000億円)を投資するという大きな成功を収めています。

黄金ビザ保有者の現地滞在必要日数は年平均で7日と短く、不動産に居住せず賃貸に出し賃貸収入を得ることができます。5年間不動産を保有すれば売却も可能です。永住を前提としなくても、お子様の留学や退職後の長期滞在などご家族の人生プランに沿ったフレキシブルな居住の仕方が可能です。

黄金ビザを用いれば一家3代で移住することができます。申請に当たっては、投資資金の出所、学歴、就業歴、言語能力、年齢に関する要件と調査はなく、黄金ビザ保有者はポルトガル国内で仕事、就学、事業を行うことができます。

【ポルトガルの不動産市場】

ポルトガルの経済と不動産市場は堅調に推移しています。2008年のリーマンショックで大きな打撃を受けたポルトガル経済ですが、2014年、2015年から明らかに回復に転じています。相対的に割安なポルトガルの不動産市場には、中長期的な価格上昇を見込んだ国内外の資金が流入しています。

地中海の観光地として人気だったエジプト、トルコ、モロッコなどの国々が治安の悪化から最近やや敬遠されていることも、安全なポルトガルの評価を高めており、フランス人やドイツ人による不動産投資が増加しています。

ポルトガル黄金ビザの成功に伴う海外からの資金流入、快適な気候と生活環境を好感する富裕層の別荘購入、生活費が安いことを好むヨーロッパの定年退職層の移住のための購入、そして2008年以降の経済危機を脱し購買能力を取り戻したポルトガル人による購入増などに支えられ、ポルトガル不動産価格の上昇が今後も続くと思われます。

■ポルトガル黄金ビザとポルトガル不動産相談会の内容

(1)ポルトガルの概要と魅力?

(2)黄金ビザの詳細と申請要件

(3)ポルトガルの不動産市場の状況

(4)ポルトガルのインターナショナルスクール

参加者の皆様の様々なご質問にお答えします。

アエルワールドではプロジェクトの情報収集から現地視察、弁護士のご紹介、永住権申請までサポートを行っております。

【相談会開催日時】

2018年1月8日(木) (3組様限定)
18:00~19:30

【相談会会場】
株式会社アエルワールド新宿本社
東京都新宿区新宿3-2-1 京王新宿321ビル7階

【アクセスマップ】 https://goo.gl/cXCJ3l

【参加費】2000円(お二人まで)

【予約方法】:※要予約
1.TEL:0120-070-069(平日9:00-18:00)

2.サイトフォーム:http://www.aerworld.co.jp/topics/?page_id=306

3.Mail:info@ablife.jp

※相談会は予約制となっておりますので、
ご予約の上、ご参加くださいますようお願い申し上げます。

【ポルトガル訪問記】(2) リスボンと音楽のお話し!

こんにちは!エディ岡崎です。

世界各国の永住権取得のサポートと、それに関連する不動産の紹介をしています。

ここでは、世界の移住希望者に人気のポルトガルの永住権プログラム”ゴールデンビザ”について、何回かに分けてご紹介しています。今日は、ポルトガルの音楽に関する話題をお届けします。

リスボンの夜には、ポルトガルの伝統的な民衆歌謡であるファドがお勧めです。黒い衣装をまとって人間の様々な情念を歌い上げるファドは大変な人気で、有名なファドシンガーの歌を聴きながら食事をするレストランや、ファドだけを聴かせる大衆的なスポットが、リスボンの古い街並みが残るアルファマ地区などに数多くあります。

もともと貧しい下町で生まれ、ポルトガルギターの音色を伴奏に人生の機微を哀愁たっぷりに歌い上げるファドは、マイクも使わずに歌う圧倒的なパワーと表現力溢れる歌声で聴く者の心を虜にします。

ファドというのは運命や宿命といった意味です。ポルトガル人にとっては生活の一部ともいえる音楽で、暗く悲しいものばかりではなく、我が町を賛美したものや、うわさ話など明るく陽気なもの数多く存在します。

ファドの素晴らしさを世界に広げた代表的な歌手はアマリア・ロドリゲスです。彼女が亡くなった時には、ポルトガル全土が三日間喪に服したほどでした。黒い衣装で歌う彼女の姿はファドのイメージとなり、日本にも多くのファンがいます。

 音楽が愛するポルトガル国民にとって、2017年は嬉しい年になりました。ヨーロッパを代表する音楽祭であるユーロビジョン・ソング・コンテストで、ポルトガルが1964年の初参加以来、初めての優勝を果たしました。27才の男性歌手、サルバドール・ソブラルが歌うAmar Pelos Dois(二人の愛)が優勝曲となりました。

 

この結果、2018年のユーロビジョン・ソング・コンテストの開催地はリスボンに決定しました。5月上旬に開かれるコンテストには世界中からたくさんの音楽ファンが訪れ、リスボンの街は色とりどりな歌声に包まれることになるでしょう!

 

我々がお勧めしているポルトガルのゴールデンビザは、一定額以上の不動産を購入し5年間保有することによりポルトガルの永住権が取得できるプログラムです。ゴールデンビザはスペイン、マルタ、キプロス、ギリシャなどの南欧の国々が提供している永住権プログラムですが、中でもポルトガルの人気が最も高いと言われています。ゴールデンビザ取得後のポルトガルでの居住要件が極めて短く(年平均7日のみ)、不動産は年間賃貸運用することが可能な魅力的なプログラムですが、それにもまして、ポルトガル自体の魅力が投資家を引きつけているのだと思います。

お問い合わせはこちらから

【11/14:14時】永住権が容易に取得できるポルトガル投資ビザ相談会

■世界中の富裕層が注目するポルトガルの投資ビザ(黄金ビザ)をご紹介します

ポルトガル黄金ビザとポルトガル不動産相談会のお知らせ

日本ではまだあまり知られていませんが、快適で安全な生活環境、優れた医療制度、英米国などに比べて教育費が安いインターナショナルスクールなど数多くのメリットを提供するポルトガルは、海外富裕層やヨーロッパの退職者などによる不動産の投資先として、あるいは子供の教育や家族揃っての長期滞在のための移住先や永住権取得の場として、現在世界中から注目を集めています。

温暖な地中海気候に恵まれ、中世の雰囲気を残したリスボンやポルトの街並みとのんびりした田舎の風景が共存するポルトガルは、物価が安く、英語が良く通じ、毎日の暮らしがとても快適な国です。イワシやタラなどを使ったシーフードやお米を食べるポルトガル料理は、日本人に親しみやすいものです。面倒見の良い人々の優しさは日本の心と共通するものがあると言われています。

また、ポルトガルは世界の“最も平和で安全な国”ランキングで3位に選ばれた安全な国です。治安が良く、難民問題やテロリズムの危険が小さく、国民性も温和で勤勉であるといった理由から、ポルトガルへの進出を決断する海外企業も多数あります。医療水準と教育水準が高く、スペインと比べて英語が良く通じることから、北欧などからの移住者も数多く住んでいます。

そのポルトガルが2012年に開始したのが、EU加盟国以外の人々が不動産投資によって長期居住権や永住権を取得することができる投資ビザ、黄金ビザ(Golden Visa)と呼ばれるプログラムです。

この相談会は、情報入手が難しいポルトガル黄金ビザとポルトガル不動産を理解する絶好の機会です。関心がおありの方は是非ご参加下さい。

【ポルトガル黄金ビザ】

ポルトガル黄金ビザでは、ポルトガル国内の不動産に50万ユーロ以上(建築後30年以上の中古物件の場合は35万ユーロ以上)を投資することにより居住権の取得が可能となります。当初は1年間の居住が許可され、その後も不動産を保有することによりビザが更新され、5年を経過すると永住権の申請が可能となります。

不動産投資金額が50万ユーロ(約6,300万円)以上と比較的低く、投資および滞在要件の制約が少なく、一家3代の長期居住が可能となる黄金ビザはたちまち人気となり、2017年4月末までに5,000人超の投資家が総額30億ユーロ(約4,000億円)を投資するという大きな成功を収めています。

黄金ビザ保有者の現地滞在必要日数は年平均で7日と短く、不動産に居住せず賃貸に出し賃貸収入を得ることができます。5年後以降は不動産の売却も可能です。永住を前提としなくても、お子様の留学や退職後の長期滞在などご家族の人生プランに沿ったフレキシブルな居住の仕方が可能です。

黄金ビザを用いれば一家3代で移住することができます。申請に当たっては、投資資金の出所、学歴、就業歴、言語能力、年齢に関する要件と調査はなく、黄金ビザ保有者はポルトガル国内で仕事、就学、事業を行うことができます。

【ポルトガルの不動産市場】

ポルトガルの経済と不動産市場は堅調に推移しています。2008年のリーマンショックで大きな打撃を受けたポルトガル経済ですが、2014年、2015年から明らかに回復に転じています。相対的に割安なポルトガルの不動産市場には、中長期的な価格上昇を見込んだ国内外の資金が流入しています。

地中海の観光地として人気だったエジプト、トルコ、モロッコなどの国々が治安の悪化から最近やや敬遠されていることも、安全なポルトガルの評価を高めており、フランス人やドイツ人による不動産投資が増加しています。

ポルトガル黄金ビザの成功に伴う海外からの資金流入、快適な気候と生活環境を好感する富裕層の別荘購入、生活費が安いことを好むヨーロッパの定年退職層の移住のための購入、そして2008年以降の経済危機を脱し購買能力を取り戻したポルトガル人による購入増などに支えられ、ポルトガル不動産価格の上昇が今後も続くと思われます。

■ポルトガル黄金ビザとポルトガル不動産相談会の内容

(1)ポルトガルの概要と魅力?

(2)黄金ビザの詳細と申請要件

(3)ポルトガルの不動産市場の状況

(4)ポルトガルのインターナショナルスクール

参加者の皆様の様々なご質問にお答えします。

アエルワールドではプロジェクトの情報収集から現地視察、弁護士のご紹介、永住権申請までサポートを行っております。

【相談会開催日時】

2017年11月14日(火) (3組様限定)
14:00~15:00

【相談会会場】
株式会社アエルワールド新宿本社
東京都新宿区新宿3-2-1 京王新宿321ビル7階

【アクセスマップ】 https://goo.gl/cXCJ3l

【参加費】2000円(お二人まで)

【予約方法】:※要予約
1.TEL:0120-070-069(平日9:00-18:00)

2.サイトフォーム:http://www.aerworld.co.jp/topics/?page_id=306

3.Mail:info@ablife.jp

※相談会は予約制となっておりますので、
ご予約の上、ご参加くださいますようお願い申し上げます。

【ポルトガル訪問記】 リスボンに行ってきました!(1)

こんにちわ!アエルワールドの岡崎です。
世界各国の永住権取得のサポートと、それに関連する不動産の紹介をしています。

ここでは、日本ではまだほとんど知られていない欧州の永住権プログラム”ゴールデンビザ”を、何回かに分けてご紹介します。下の写真は現地の法律事務所前で撮った物で右側が私です。どうぞよろしくお願い致します。

9月の始め、まだ夏の日差しが降り注ぐポルトガルの首都リスボンに、3泊4日の日程で行ってきました。旅行の主な目的は、今世界の投資家に注目するポルトガルのゴールデンビザについての実態調査と、ポルトガルとリスボンの魅力発見、そしてリスボンの不動産の視察でした。

青い空の下、爽やかな空気に包まれるリスボンは、気温は高くても湿度が低いため快適で、世界からのツーリストが溢れる活気ある都会です。フランス、スペイン、北欧、ロシアなどから訪れた様々な言葉を話す白人系のツーリストが多く、ロンドンやパリと比べるとまだ世界中の人々には発見されていない魅力ある街だとの印象です。

街の中心地には大きな歩行者用道路が広がり、おしゃれなブティークや靴屋さん、特産のコルクで作られたハンドバッグやタイル製品が並ぶ商店、オリーブや石けんを売るお店が賑わっています。その傍らには、魚(タラやイワシが人気)料理や肉料理(イベリコ豚が有名)をテラスで提供するレストランが並び、ワインを飲みながらの時間が過ぎていきます。デザートには、もちろん特産のエッグタルトが待っています。値段は安いですよ。

 街の側を流れるテージョ川は海のように広く、その昔ここから世界の海に旅立った冒険者達を思い起こさせてくれます。古い時代の面影を残す旧市街の細い網の目のような街路を可愛らしいメトロが走り、観光客の人気を集めています。メトロの他の交通手段としては、バスと地下鉄、フェリーのネットワークが広がり、都心と郊外を結んでいます。リスボン国際空港は都心から僅か15分の距離にあり、ビジネスにも観光にも極めて便利な立地にあります。

我々がお勧めしているポルトガルのゴールデンビザは、一定額以上の不動産を購入し5年間保有することによりポルトガルの永住権が取得できるプログラムです。ゴールデンビザはスペイン、マルタ、キプロス、ギリシャなどの南欧の国々が提供している永住権プログラムですが、中でもポルトガルの人気が最も高いと言われています。!ゴールデンビザ取得後のポルトガルでの居住要件が極めて短く(年平均7日のみ)、不動産は年間賃貸運用することが可能な魅力的なプログラムですが、それにもまして、ポルトガル自体の魅力が投資家を引きつけているのだなと感じました。

この続きは次回をお楽しみに!

【祝】アメリカ永住権(EB5)が驚異の3ヶ月で発給!!

この度当社お客さまのEB5が当社史上最速で承認されました!

 

EB5の審査期間は平均17ヶ月程度と言われているこの時期に3ヶ月と11日で発給です。

 

承認と言ってもI526なので正式には永住権では無いのですが、

後は大使館面接で問題が無ければ、暫定永住権(Conditional Greencard)が

もらえますので、基本的にはほぼとれたと言えないわけではありません。

個人情報の関係で黒塗りとなっていますが、これが待ちに待ったI526(EB5)の

承認書になります。期日の詳細は赤括弧箇所をご参照ください。

Received date(移民局受理日):2017年5月3日
Notice date(承認通知日):2017年8月14日

僅か3ヶ月と11日でアメリカ永住権(I526)発給!

 

 

なぜ早かったか?は定かではありませんが、お客さまの投資されたプログラムの信用力と

担当の弁護士事務所の貢献が大きいことは確かです。(我々も頑張りましたが・・・)

 

最速で下りる保証は出来ませんが、この申請を行った投資プロジェクトと

担当した弁護士で申請することは可能ですので、ご関心がおありの方は

返信させていただきますので、ご遠慮なく問い合わせフォーム

メールにてお問い合わせください。

【9/4:14時】 ニューヨーク*マンハッタンの新築マンション相談会

■マンハッタンに残された最後の大型再開発(東京ドームの約2.5倍)

ハドソン・ヤードの新築マンション相談会のお知らせ

米国への親子留学や長期滞在、あるいは移住や投資目的で米国不動産取得を考えていられる方々に、ニューヨーク、マンハッタンの高級新築マンション(以下、コンドミニアム)をご紹介します。

米国はダイナミックに成長を続ける活力あふれる国です。好調な経済を背景に不動産市場は堅調に推移しています。特に優良都市の住宅への需要は強く、中長期的に大きな投資リターンが期待されています。

ニューヨークは世界の金融の中心地として一段の発展が見込まれており、文化、アート、音楽、演劇、ファッション、教育などに分野でも世界の多くの人を引きつける魅力に溢れています。

この相談会は、情報入手が難しいマンハッタンのコンドミニアム市場を理解する絶好の機会です。関心がおありの方は是非ご参加下さい。

【ハドソン・ヤード再開発】
元々車両基地であったハドソン・ヤードにオフィス、住宅、商業スペース、アート活動のための16棟の超高層ビルが建設され、広大な緑地と公共空間に囲まれます。また、ニューヨークの最も新しい3つの公園の合流地点でもあります。

<ハドソンヤード再開発後のイメージ画像>

再開発後のイメージ

<再開発前>

そこは、650,000 m²超のオフィススペース、約4,000戸の高層住宅、高級デパート、個性的なブティック、数々の人気レストランやマーケットを備えた93,000 m²の商業スペース、175室の高級ホテル、スポーツ施設、アートやパフォーマンスのための18,500 m²の文化施設(The SHED)、生徒数750の公立学校、および14エーカー (5.7 ha)の広場や緑地が広がる公共スペースが共存する空間です。

15ハドソン・ヤードー高級コンドミニアム

15ハドソン・ヤードは、東プラットフォームに建設されている88階建ての居住用高層ビルです。4つの印象的なガラスの弧状で出来上がったユニークなデザインが特徴です。

街の最も高い建物の一つからは、ニューヨークのスカイラインとウォーターフロントの展望が広がります。室内は、そびえる天井、広いガラス窓、独創的なインテリアが調和する落ち着いた最高水準の空間です。

【物件概要】

<物件名>15ハドソンヤード

<所在概要>マンハッタン西側のダウンタウン地区に位置するハドソン・ヤード再開発地域内
(西端はハドソン・リバー・パークおよびハドソン川、東端は7番街および8番街、南端は西28丁目および30丁目、北端は西43丁目に位置しています。)

<再開発総面積>約28エーカー (東京ドームの約2.5倍)

<間取り>
・2BR(約145㎡~216㎡:370万USD~)
・3BR(206㎡~223㎡:637万USD~)
・4BR(約278㎡~318㎡:1,200万USD~)
・最上階のペントハウス(477㎡)

<施設概要>
・プール / ・ジャグジー / ・280㎡のフィットネスセンターとプライベートスタジオ / ・スパルーム / ・美容コーナー / ・ダイニングルーム(2室) /
・ワインテースティングルーム / ・映画/パフォーマンスルーム /・クラブラウンジなどが完備

<交通アクセス>
ニューヨーク市地下鉄7線ー34丁目-ハドソンヤード駅直結
(ターミナルのペンステーション駅徒歩圏)

■新築マンションプロジェクト相談会内容

(1)米国不動産投資の魅力?

(2)マンハッタンのコンドミニウム市場の状況?

(3)ウェスト・マンハッタンの魅力と展望?

(4)ハドソン・ヤードについて?

(5)15ハドソン・ヤード(高層居住用ビル)について?

(6)コンドミニアムの販売価格や設備について?

参加者の皆様の様々なご質問にお答えします。

アエルワールドではプロジェクトの情報収集から現地視察、
弁護士のご紹介、永住権申請までサポートを行っております。

【相談会開催日時】

2017年9月4日(月) (3組様限定)
14:00~15:00

【相談会会場】
株式会社アエルワールド新宿本社
東京都新宿区新宿3-2-1 京王新宿321ビル7階

【アクセスマップ】 https://goo.gl/cXCJ3l

【参加費】2000円(お二人まで)

【予約方法】:※要予約
1.TEL:0120-070-069(平日9:00-18:00)

2.サイトフォーム:http://www.aerworld.co.jp/topics/?page_id=306

3.Mail:info@ablife.jp

※相談会は予約制となっておりますので、
ご予約の上、ご参加くださいますようお願い申し上げます。

【9/5:14時】永住権が容易に取得できるポルトガル投資ビザ相談会

■世界中の富裕層が注目するポルトガルの投資ビザ(黄金ビザ)をご紹介します

ポルトガル黄金ビザとポルトガル不動産相談会のお知らせ

日本ではまだあまり知られていませんが、快適で安全な生活環境、優れた医療制度、英米国などに比べて教育費が安いインターナショナルスクールなど数多くのメリットを提供するポルトガルは、海外富裕層やヨーロッパの退職者などによる不動産の投資先として、あるいは子供の教育や家族揃っての長期滞在のための永住権取得や移住先として、現在世界中から注目を集めています。

温暖な地中海気候に恵まれ、中世の雰囲気を残したリスボンやポルトの街並みとのんびりした田舎の風景が共存するポルトガルは、物価が安く英語が良く通じる毎日の暮らしがとても快適な国です。イワシやタラなどを使ったシーフードやお米を食べるポルトガル料理は、日本人にとても親しみやすいものです。面倒見の良い人々の優しさは日本の心と共通するものがあると言われています。

また、ポルトガルは世界の“最も平和で安全な国”ランキングで3位に選ばれたとても安全な国です。治安が良く、難民問題やテロリズムの危険が小さく、国民性も温和で勤勉であるといった理由からポルトガルへの進出を決断する海外企業も多数あります。医療水準と教育水準が高く、スペインと比べて英語が良く通じることから、北欧などからの移住者も数多く住んでいます。

そのポルトガルが2012年に開始したのが、EU加盟国以外の人々が不動産投資によって長期居住権や永住権を取得することができる投資ビザ、黄金ビザ(Golden Visa)と呼ばれるプログラムです。

この相談会は、情報入手が難しいポルトガル黄金ビザとポルトガル不動産を理解する絶好の機会です。関心がおありの方は是非ご参加下さい。

【ポルトガル黄金ビザ】

ポルトガル黄金ビザでは、ポルトガル国内の不動産に50万ユーロ以上(建築後30年以上の中古物件の場合は35万ユーロ以上)を投資することにより居住権の取得が可能となります。当初は1年間の居住が許可され、その後も不動産を保有することによりビザが更新され、5年を経過すると永住権の申請が可能となります。

不動産投資金額が50万ユーロ(約6,300万円)以上と比較的低く、投資や滞在要件の制約が少なく、一家3代の長期居住が可能となる黄金ビザはたちまち人気となり、2017年4月末までに5,000人超の投資家が総額30億ユーロ(約4,000億円)を投資するという大きな成功を収めています。

黄金ビザ保有者の現地滞在必要日数は、1年目が7日、その後は2年間ごとに各14日と極めて短期で、不在期間には不動産を賃貸に出し賃貸収入を得ることができます。5年後以降は不動産の売却も可能です。永住を前提としなくても、お子様の留学や退職後の長期滞在などご家族の人生プランに沿ったフレキシブルな居住の仕方が可能です。

黄金ビザを用いて一家3代で移住することができます。申請に当たっては、投資資金の出所、学歴、就業歴、言語能力、年齢に関する要件と調査はなく、黄金ビザ保有者はポルトガル国内で仕事、就学、事業を行うことができます。

【ポルトガルの不動産市場】

ポルトガルの経済と不動産市場は堅調に推移しています。2008年のリーマンショックで大きな打撃を受けたヨーロッパ経済ですが、2014、2015年から明らかに回復に転じています。イギリスのEU離脱決定の後も、ドイツとフランスを中心にEU加盟国の一層の結束の強化が見込まれ、ユーロの見通しも堅調です。

相対的に割安なポルトガルの不動産市場には、中長期的な価格上昇を見込んだ国内外の投資資金が流入しています。ポルトガル国家データ統計局(INE)が発表した2016年の第三四半期の不動産価格指数(HPI)は、前年同期から7.6%上昇(第二四半期の同上昇率は6.3%)となりました。

地中海の観光地として人気だったエジプト、トルコ、モロッコなどの国々が治安の悪化から最近やや敬遠されていることも、安全なポルトガルの評価を高めており、フランス人やドイツ人による不動産投資が増加しています。

ポルトガル黄金ビザの成功に伴う海外からの資金流入、快適な気候と生活環境を好感する富裕層の別荘購入、生活費が安いことを好むヨーロッパの定年退職層の移住のための購入、そして2008年以降の経済危機を脱し購買能力を取り戻したポルトガル人による購入増などに支えられ、ポルトガル不動産価格の上昇が今後も続くと思われます。

■ポルトガル黄金ビザとポルトガル不動産相談会の内容

(1)ポルトガルの概要と魅力?

(2)黄金ビザの詳細と申請要件

(3)ポルトガルの不動産市場の状況

(4)ポルトガルのインターナショナルスクール

参加者の皆様の様々なご質問にお答えします。

アエルワールドではプロジェクトの情報収集から現地視察、弁護士のご紹介、永住権申請までサポートを行っております。

【相談会開催日時】

2017年9月5日(火) (3組様限定)
14:00~15:00

【相談会会場】
株式会社アエルワールド新宿本社
東京都新宿区新宿3-2-1 京王新宿321ビル7階

【アクセスマップ】 https://goo.gl/cXCJ3l

【参加費】2000円(お二人まで)

【予約方法】:※要予約
1.TEL:0120-070-069(平日9:00-18:00)

2.サイトフォーム:http://www.aerworld.co.jp/topics/?page_id=306

3.Mail:info@ablife.jp

※相談会は予約制となっておりますので、
ご予約の上、ご参加くださいますようお願い申し上げます。

【8/25午後】カナダ投資永住権相談会

■申請期限が迫る! カナダ投資永住権相談会のお知らせ

 

やっぱりカナダに住みたい!(写真はモントリオール)

そんな時に必要なものは永住権。

カナダのケベック州の投資永住権プログラムは、一定のビジネス経験と

最低160万カナダドル以上の資産条件があります。

下記が主な申請条件となりますが、投資の実行が主な目的のため、特に

起業することは求められておりません。

募集数は1900(570が日本人を含めた中国籍以外の枠)と限りがありますので

ご希望の方は一日も早いご準備をお薦めします。

Quebec2

<申請条件概要>

1.資産証明:160万(約13600万円)カナダドル以上

2.投資金額:80万ドル(約6900万円)の無金利預金 or 22万ドル(約1900万円)程度の支払い

3.職歴:経営者歴かマネージメント歴(一定人数の部下が必要)

4.申請時期:2017年5月29日~2018年2月23日まで申請受け付けになると思われます。

※1CAD=85円程度で試算

カナダ・永住権カード

 

アエルワールドではプロジェクトの情報収集から現地視察、

弁護士のご紹介までサポートを行っておりますので、

この機会に是非ご相談ください。

【相談会開催日時】

2017年8月25日(金) (2組様限定)
(1)16:00~17:00
(2)18:00~19:00

【相談会会場】

株式会社アエルワールド新宿本社

東京都新宿区新宿3-2-1 京王新宿321ビル7階

【アクセスマップ】 https://goo.gl/cXCJ3l

【参加費】1500円(お二人まで)

【予約方法】:※要予約
1.TEL:0120-070-069(平日9:00-18:00)

2.サイトフォーム:http://www.aerworld.co.jp/topics/?page_id=306

3.Mail:info@ablife.jp

※相談会は予約制となっておりますので、
ご予約の上、ご参加くださいますようお願い申し上げます。

【8/22:14時】永住権が容易に取得できるポルトガル投資ビザ相談会

■世界中の富裕層が注目するポルトガルの投資ビザ(黄金ビザ)をご紹介します

ポルトガル黄金ビザとポルトガル不動産相談会のお知らせ

日本ではまだあまり知られていませんが、快適で安全な生活環境、優れた医療制度、英米国などに比べて教育費が安いインターナショナルスクールなど数多くのメリットを提供するポルトガルは、海外富裕層やヨーロッパの退職者などによる不動産の投資先として、あるいは子供の教育や家族揃っての長期滞在のための永住権取得や移住先として、現在世界中から注目を集めています。

温暖な地中海気候に恵まれ、中世の雰囲気を残したリスボンやポルトの街並みとのんびりした田舎の風景が共存するポルトガルは、物価が安く英語が良く通じる毎日の暮らしがとても快適な国です。イワシやタラなどを使ったシーフードやお米を食べるポルトガル料理は、日本人にとても親しみやすいものです。面倒見の良い人々の優しさは日本の心と共通するものがあると言われています。

また、ポルトガルは世界の“最も平和で安全な国”ランキングで3位に選ばれたとても安全な国です。治安が良く、難民問題やテロリズムの危険が小さく、国民性も温和で勤勉であるといった理由からポルトガルへの進出を決断する海外企業も多数あります。医療水準と教育水準が高く、スペインと比べて英語が良く通じることから、北欧などからの移住者も数多く住んでいます。

そのポルトガルが2012年に開始したのが、EU加盟国以外の人々が不動産投資によって長期居住権や永住権を取得することができる投資ビザ、黄金ビザ(Golden Visa)と呼ばれるプログラムです。

この相談会は、情報入手が難しいポルトガル黄金ビザとポルトガル不動産を理解する絶好の機会です。関心がおありの方は是非ご参加下さい。

【ポルトガル黄金ビザ】

ポルトガル黄金ビザでは、ポルトガル国内の不動産に50万ユーロ以上(建築後30年以上の中古物件の場合は35万ユーロ以上)を投資することにより居住権の取得が可能となります。当初は1年間の居住が許可され、その後も不動産を保有することによりビザが更新され、5年を経過すると永住権の申請が可能となります。

不動産投資金額が50万ユーロ(約6,300万円)以上と比較的低く、投資や滞在要件の制約が少なく、一家3代の長期居住が可能となる黄金ビザはたちまち人気となり、2017年4月末までに5,000人超の投資家が総額30億ユーロ(約4,000億円)を投資するという大きな成功を収めています。

黄金ビザ保有者の現地滞在必要日数は、1年目が7日、その後は2年間ごとに各14日と極めて短期で、不在期間には不動産を賃貸に出し賃貸収入を得ることができます。5年後以降は不動産の売却も可能です。永住を前提としなくても、お子様の留学や退職後の長期滞在などご家族の人生プランに沿ったフレキシブルな居住の仕方が可能です。

黄金ビザを用いて一家3代で移住することができます。申請に当たっては、投資資金の出所、学歴、就業歴、言語能力、年齢に関する要件と調査はなく、黄金ビザ保有者はポルトガル国内で仕事、就学、事業を行うことができます。

【ポルトガルの不動産市場】

ポルトガルの経済と不動産市場は堅調に推移しています。2008年のリーマンショックで大きな打撃を受けたヨーロッパ経済ですが、2014、2015年から明らかに回復に転じています。イギリスのEU離脱決定の後も、ドイツとフランスを中心にEU加盟国の一層の結束の強化が見込まれ、ユーロの見通しも堅調です。

相対的に割安なポルトガルの不動産市場には、中長期的な価格上昇を見込んだ国内外の投資資金が流入しています。ポルトガル国家データ統計局(INE)が発表した2016年の第三四半期の不動産価格指数(HPI)は、前年同期から7.6%上昇(第二四半期の同上昇率は6.3%)となりました。

地中海の観光地として人気だったエジプト、トルコ、モロッコなどの国々が治安の悪化から最近やや敬遠されていることも、安全なポルトガルの評価を高めており、フランス人やドイツ人による不動産投資が増加しています。

ポルトガル黄金ビザの成功に伴う海外からの資金流入、快適な気候と生活環境を好感する富裕層の別荘購入、生活費が安いことを好むヨーロッパの定年退職層の移住のための購入、そして2008年以降の経済危機を脱し購買能力を取り戻したポルトガル人による購入増などに支えられ、ポルトガル不動産価格の上昇が今後も続くと思われます。

■ポルトガル黄金ビザとポルトガル不動産相談会の内容

(1)ポルトガルの概要と魅力?

(2)黄金ビザの詳細と申請要件

(3)ポルトガルの不動産市場の状況

(4)ポルトガルのインターナショナルスクール

参加者の皆様の様々なご質問にお答えします。

アエルワールドではプロジェクトの情報収集から現地視察、弁護士のご紹介、永住権申請までサポートを行っております。

【相談会開催日時】

2017年8月22日(火) (3組様限定)
14:00~15:00

【相談会会場】
株式会社アエルワールド新宿本社
東京都新宿区新宿3-2-1 京王新宿321ビル7階

【アクセスマップ】 https://goo.gl/cXCJ3l

【参加費】2000円(お二人まで)

【予約方法】:※要予約
1.TEL:0120-070-069(平日9:00-18:00)

2.サイトフォーム:http://www.aerworld.co.jp/topics/?page_id=306

3.Mail:info@ablife.jp

※相談会は予約制となっておりますので、
ご予約の上、ご参加くださいますようお願い申し上げます。

【8/21:14時】 ニューヨーク*マンハッタンの新築マンション相談会

■マンハッタンに残された最後の大型再開発(東京ドームの約2.5倍)

ハドソン・ヤードの新築マンション相談会のお知らせ

米国への親子留学や長期滞在、あるいは移住や投資目的で米国不動産取得を考えていられる方々に、ニューヨーク、マンハッタンの高級新築マンション(以下、コンドミニアム)をご紹介します。

米国はダイナミックに成長を続ける活力あふれる国です。好調な経済を背景に不動産市場は堅調に推移しています。特に優良都市の住宅への需要は強く、中長期的に大きな投資リターンが期待されています。

ニューヨークは世界の金融の中心地として一段の発展が見込まれており、文化、アート、音楽、演劇、ファッション、教育などに分野でも世界の多くの人を引きつける魅力に溢れています。

この相談会は、情報入手が難しいマンハッタンのコンドミニアム市場を理解する絶好の機会です。関心がおありの方は是非ご参加下さい。

【ハドソン・ヤード再開発】
元々車両基地であったハドソン・ヤードにオフィス、住宅、商業スペース、アート活動のための16棟の超高層ビルが建設され、広大な緑地と公共空間に囲まれます。また、ニューヨークの最も新しい3つの公園の合流地点でもあります。

<ハドソンヤード再開発後のイメージ画像>

再開発後のイメージ

<再開発前>

そこは、650,000 m²超のオフィススペース、約4,000戸の高層住宅、高級デパート、個性的なブティック、数々の人気レストランやマーケットを備えた93,000 m²の商業スペース、175室の高級ホテル、スポーツ施設、アートやパフォーマンスのための18,500 m²の文化施設(The SHED)、生徒数750の公立学校、および14エーカー (5.7 ha)の広場や緑地が広がる公共スペースが共存する空間です。

15ハドソン・ヤードー高級コンドミニアム

15ハドソン・ヤードは、東プラットフォームに建設されている88階建ての居住用高層ビルです。4つの印象的なガラスの弧状で出来上がったユニークなデザインが特徴です。

街の最も高い建物の一つからは、ニューヨークのスカイラインとウォーターフロントの展望が広がります。室内は、そびえる天井、広いガラス窓、独創的なインテリアが調和する落ち着いた最高水準の空間です。

【物件概要】

<物件名>15ハドソンヤード

<所在概要>マンハッタン西側のダウンタウン地区に位置するハドソン・ヤード再開発地域内
(西端はハドソン・リバー・パークおよびハドソン川、東端は7番街および8番街、南端は西28丁目および30丁目、北端は西43丁目に位置しています。)

<再開発総面積>約28エーカー (東京ドームの約2.5倍)

<間取り>
・2BR(約145㎡~216㎡:370万USD~)
・3BR(206㎡~223㎡:637万USD~)
・4BR(約278㎡~318㎡:1,200万USD~)
・最上階のペントハウス(477㎡)

<施設概要>
・プール / ・ジャグジー / ・280㎡のフィットネスセンターとプライベートスタジオ / ・スパルーム / ・美容コーナー / ・ダイニングルーム(2室) /
・ワインテースティングルーム / ・映画/パフォーマンスルーム /・クラブラウンジなどが完備

<交通アクセス>
ニューヨーク市地下鉄7線ー34丁目-ハドソンヤード駅直結
(ターミナルのペンステーション駅徒歩圏)

■新築マンションプロジェクト相談会内容

(1)米国不動産投資の魅力?

(2)マンハッタンのコンドミニウム市場の状況?

(3)ウェスト・マンハッタンの魅力と展望?

(4)ハドソン・ヤードについて?

(5)15ハドソン・ヤード(高層居住用ビル)について?

(6)コンドミニアムの販売価格や設備について?

参加者の皆様の様々なご質問にお答えします。

アエルワールドではプロジェクトの情報収集から現地視察、
弁護士のご紹介、永住権申請までサポートを行っております。

【相談会開催日時】

2017年8月21日(月) (3組様限定)
14:00~15:00

【相談会会場】
株式会社アエルワールド新宿本社
東京都新宿区新宿3-2-1 京王新宿321ビル7階

【アクセスマップ】 https://goo.gl/cXCJ3l

【参加費】2000円(お二人まで)

【予約方法】:※要予約
1.TEL:0120-070-069(平日9:00-18:00)

2.サイトフォーム:http://www.aerworld.co.jp/topics/?page_id=306

3.Mail:info@ablife.jp

※相談会は予約制となっておりますので、
ご予約の上、ご参加くださいますようお願い申し上げます。

【夏期休暇のお知らせ:8月16日-8月18日】

夏期休暇のお知らせ

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

今夏もサマースクールや、9月からの親子留学のため

続々とお客様が出国され、忙しくもうれしい夏を迎えております。

さて、当社では下記期間、夏期休暇に入らせていただきます。

【夏期休暇】
8月16日(水)~8月18日(金)
※始業は8月21日(月)からとなります。
※電話対応は行っておりません。

休暇期間中もメールの受付は行っており、8月21日始業後に

返信させていただきますので、ご遠慮なく問い合わせフォームか

メールにてお問い合わせください。

【8/11:14時】永住権が容易に取得できるポルトガル投資ビザ相談会

■世界中の富裕層が注目するポルトガルの投資ビザ(黄金ビザ)をご紹介します

ポルトガル黄金ビザとポルトガル不動産相談会のお知らせ

日本ではまだあまり知られていませんが、快適で安全な生活環境、優れた医療制度、英米国などに比べて教育費が安いインターナショナルスクールなど数多くのメリットを提供するポルトガルは、海外富裕層やヨーロッパの退職者などによる不動産の投資先として、あるいは子供の教育や家族揃っての長期滞在のための永住権取得や移住先として、現在世界中から注目を集めています。

温暖な地中海気候に恵まれ、中世の雰囲気を残したリスボンやポルトの街並みとのんびりした田舎の風景が共存するポルトガルは、物価が安く英語が良く通じる毎日の暮らしがとても快適な国です。イワシやタラなどを使ったシーフードやお米を食べるポルトガル料理は、日本人にとても親しみやすいものです。面倒見の良い人々の優しさは日本の心と共通するものがあると言われています。

また、ポルトガルは世界の“最も平和で安全な国”ランキングで3位に選ばれたとても安全な国です。治安が良く、難民問題やテロリズムの危険が小さく、国民性も温和で勤勉であるといった理由からポルトガルへの進出を決断する海外企業も多数あります。医療水準と教育水準が高く、スペインと比べて英語が良く通じることから、北欧などからの移住者も数多く住んでいます。

そのポルトガルが2012年に開始したのが、EU加盟国以外の人々が不動産投資によって長期居住権や永住権を取得することができる投資ビザ、黄金ビザ(Golden Visa)と呼ばれるプログラムです。

この相談会は、情報入手が難しいポルトガル黄金ビザとポルトガル不動産を理解する絶好の機会です。関心がおありの方は是非ご参加下さい。

【ポルトガル黄金ビザ】

ポルトガル黄金ビザでは、ポルトガル国内の不動産に50万ユーロ以上(建築後30年以上の中古物件の場合は35万ユーロ以上)を投資することにより居住権の取得が可能となります。当初は1年間の居住が許可され、その後も不動産を保有することによりビザが更新され、5年を経過すると永住権の申請が可能となります。

不動産投資金額が50万ユーロ(約6,300万円)以上と比較的低く、投資や滞在要件の制約が少なく、一家3代の長期居住が可能となる黄金ビザはたちまち人気となり、2017年4月末までに5,000人超の投資家が総額30億ユーロ(約4,000億円)を投資するという大きな成功を収めています。

黄金ビザ保有者の現地滞在必要日数は、1年目が7日、その後は2年間ごとに各14日と極めて短期で、不在期間には不動産を賃貸に出し賃貸収入を得ることができます。5年後以降は不動産の売却も可能です。永住を前提としなくても、お子様の留学や退職後の長期滞在などご家族の人生プランに沿ったフレキシブルな居住の仕方が可能です。

黄金ビザを用いて一家3代で移住することができます。申請に当たっては、投資資金の出所、学歴、就業歴、言語能力、年齢に関する要件と調査はなく、黄金ビザ保有者はポルトガル国内で仕事、就学、事業を行うことができます。

【ポルトガルの不動産市場】

ポルトガルの経済と不動産市場は堅調に推移しています。2008年のリーマンショックで大きな打撃を受けたヨーロッパ経済ですが、2014、2015年から明らかに回復に転じています。イギリスのEU離脱決定の後も、ドイツとフランスを中心にEU加盟国の一層の結束の強化が見込まれ、ユーロの見通しも堅調です。

相対的に割安なポルトガルの不動産市場には、中長期的な価格上昇を見込んだ国内外の投資資金が流入しています。ポルトガル国家データ統計局(INE)が発表した2016年の第三四半期の不動産価格指数(HPI)は、前年同期から7.6%上昇(第二四半期の同上昇率は6.3%)となりました。

地中海の観光地として人気だったエジプト、トルコ、モロッコなどの国々が治安の悪化から最近やや敬遠されていることも、安全なポルトガルの評価を高めており、フランス人やドイツ人による不動産投資が増加しています。

ポルトガル黄金ビザの成功に伴う海外からの資金流入、快適な気候と生活環境を好感する富裕層の別荘購入、生活費が安いことを好むヨーロッパの定年退職層の移住のための購入、そして2008年以降の経済危機を脱し購買能力を取り戻したポルトガル人による購入増などに支えられ、ポルトガル不動産価格の上昇が今後も続くと思われます。

■ポルトガル黄金ビザとポルトガル不動産相談会の内容

(1)ポルトガルの概要と魅力?

(2)黄金ビザの詳細と申請要件

(3)ポルトガルの不動産市場の状況

(4)ポルトガルのインターナショナルスクール

参加者の皆様の様々なご質問にお答えします。

アエルワールドではプロジェクトの情報収集から現地視察、弁護士のご紹介、永住権申請までサポートを行っております。

【相談会開催日時】

2017年8月11日(金) (3組様限定)
14:00~15:00

【相談会会場】
株式会社アエルワールド新宿本社
東京都新宿区新宿3-2-1 京王新宿321ビル7階

【アクセスマップ】 https://goo.gl/cXCJ3l

【参加費】2000円(お二人まで)

【予約方法】:※要予約
1.TEL:0120-070-069(平日9:00-18:00)

2.サイトフォーム:http://www.aerworld.co.jp/topics/?page_id=306

3.Mail:info@ablife.jp

※相談会は予約制となっておりますので、
ご予約の上、ご参加くださいますようお願い申し上げます。

【8/11:14時】 ニューヨーク*マンハッタンの新築マンション相談会

■マンハッタンに残された最後の大型再開発(東京ドームの約2.5倍)

ハドソン・ヤードの新築マンション相談会のお知らせ

米国への親子留学や長期滞在、あるいは移住や投資目的で米国不動産取得を考えていられる方々に、ニューヨーク、マンハッタンの高級新築マンション(以下、コンドミニアム)をご紹介します。

米国はダイナミックに成長を続ける活力あふれる国です。好調な経済を背景に不動産市場は堅調に推移しています。特に優良都市の住宅への需要は強く、中長期的に大きな投資リターンが期待されています。

ニューヨークは世界の金融の中心地として一段の発展が見込まれており、文化、アート、音楽、演劇、ファッション、教育などに分野でも世界の多くの人を引きつける魅力に溢れています。

この相談会は、情報入手が難しいマンハッタンのコンドミニアム市場を理解する絶好の機会です。関心がおありの方は是非ご参加下さい。

【ハドソン・ヤード再開発】
元々車両基地であったハドソン・ヤードにオフィス、住宅、商業スペース、アート活動のための16棟の超高層ビルが建設され、広大な緑地と公共空間に囲まれます。また、ニューヨークの最も新しい3つの公園の合流地点でもあります。

<ハドソンヤード再開発後のイメージ画像>

再開発後のイメージ

<再開発前>

そこは、650,000 m²超のオフィススペース、約4,000戸の高層住宅、高級デパート、個性的なブティック、数々の人気レストランやマーケットを備えた93,000 m²の商業スペース、175室の高級ホテル、スポーツ施設、アートやパフォーマンスのための18,500 m²の文化施設(The SHED)、生徒数750の公立学校、および14エーカー (5.7 ha)の広場や緑地が広がる公共スペースが共存する空間です。

15ハドソン・ヤードー高級コンドミニアム

15ハドソン・ヤードは、東プラットフォームに建設されている88階建ての居住用高層ビルです。4つの印象的なガラスの弧状で出来上がったユニークなデザインが特徴です。

街の最も高い建物の一つからは、ニューヨークのスカイラインとウォーターフロントの展望が広がります。室内は、そびえる天井、広いガラス窓、独創的なインテリアが調和する落ち着いた最高水準の空間です。

【物件概要】

<物件名>15ハドソンヤード

<所在概要>マンハッタン西側のダウンタウン地区に位置するハドソン・ヤード再開発地域内
(西端はハドソン・リバー・パークおよびハドソン川、東端は7番街および8番街、南端は西28丁目および30丁目、北端は西43丁目に位置しています。)

<再開発総面積>約28エーカー (東京ドームの約2.5倍)

<間取り>
・2BR(約145㎡~216㎡:370万USD~)
・3BR(206㎡~223㎡:637万USD~)
・4BR(約278㎡~318㎡:1,200万USD~)
・最上階のペントハウス(477㎡)

<施設概要>
・プール / ・ジャグジー / ・280㎡のフィットネスセンターとプライベートスタジオ / ・スパルーム / ・美容コーナー / ・ダイニングルーム(2室) /
・ワインテースティングルーム / ・映画/パフォーマンスルーム /・クラブラウンジなどが完備

<交通アクセス>
ニューヨーク市地下鉄7線ー34丁目-ハドソンヤード駅直結
(ターミナルのペンステーション駅徒歩圏)

■新築マンションプロジェクト相談会内容

(1)米国不動産投資の魅力?

(2)マンハッタンのコンドミニウム市場の状況?

(3)ウェスト・マンハッタンの魅力と展望?

(4)ハドソン・ヤードについて?

(5)15ハドソン・ヤード(高層居住用ビル)について?

(6)コンドミニアムの販売価格や設備について?

参加者の皆様の様々なご質問にお答えします。

アエルワールドではプロジェクトの情報収集から現地視察、
弁護士のご紹介、永住権申請までサポートを行っております。

【相談会開催日時】

2017年8月11日(金) (3組様限定)
14:00~15:00

【相談会会場】
株式会社アエルワールド新宿本社
東京都新宿区新宿3-2-1 京王新宿321ビル7階

【アクセスマップ】 https://goo.gl/cXCJ3l

【参加費】2000円(お二人まで)

【予約方法】:※要予約
1.TEL:0120-070-069(平日9:00-18:00)

2.サイトフォーム:http://www.aerworld.co.jp/topics/?page_id=306

3.Mail:info@ablife.jp

※相談会は予約制となっておりますので、
ご予約の上、ご参加くださいますようお願い申し上げます。

【7/29:14時】 ニューヨーク*マンハッタンの新築マンション相談会

■マンハッタンに残された最後の大型再開発(東京ドームの約2.5倍)

ハドソン・ヤードの新築マンション相談会のお知らせ

米国への親子留学や長期滞在、あるいは移住や投資目的で米国不動産取得を考えていられる方々に、ニューヨーク、マンハッタンの高級新築マンション(以下、コンドミニアム)をご紹介します。

米国はダイナミックに成長を続ける活力あふれる国です。好調な経済を背景に不動産市場は堅調に推移しています。特に優良都市の住宅への需要は強く、中長期的に大きな投資リターンが期待されています。

ニューヨークは世界の金融の中心地として一段の発展が見込まれており、文化、アート、音楽、演劇、ファッション、教育などに分野でも世界の多くの人を引きつける魅力に溢れています。

この相談会は、情報入手が難しいマンハッタンのコンドミニアム市場を理解する絶好の機会です。関心がおありの方は是非ご参加下さい。

【ハドソン・ヤード再開発】
元々車両基地であったハドソン・ヤードにオフィス、住宅、商業スペース、アート活動のための16棟の超高層ビルが建設され、広大な緑地と公共空間に囲まれます。また、ニューヨークの最も新しい3つの公園の合流地点でもあります。

<ハドソンヤード再開発後のイメージ画像>

再開発後のイメージ

<再開発前>

そこは、650,000 m²超のオフィススペース、約4,000戸の高層住宅、高級デパート、個性的なブティック、数々の人気レストランやマーケットを備えた93,000 m²の商業スペース、175室の高級ホテル、スポーツ施設、アートやパフォーマンスのための18,500 m²の文化施設(The SHED)、生徒数750の公立学校、および14エーカー (5.7 ha)の広場や緑地が広がる公共スペースが共存する空間です。

15ハドソン・ヤードー高級コンドミニアム

15ハドソン・ヤードは、東プラットフォームに建設されている88階建ての居住用高層ビルです。4つの印象的なガラスの弧状で出来上がったユニークなデザインが特徴です。

街の最も高い建物の一つからは、ニューヨークのスカイラインとウォーターフロントの展望が広がります。室内は、そびえる天井、広いガラス窓、独創的なインテリアが調和する落ち着いた最高水準の空間です。

【物件概要】

<物件名>15ハドソンヤード

<所在概要>マンハッタン西側のダウンタウン地区に位置するハドソン・ヤード再開発地域内
(西端はハドソン・リバー・パークおよびハドソン川、東端は7番街および8番街、南端は西28丁目および30丁目、北端は西43丁目に位置しています。)

<再開発総面積>約28エーカー (東京ドームの約2.5倍)

<間取り>
・2BR(約145㎡~216㎡:370万USD~)
・3BR(206㎡~223㎡:637万USD~)
・4BR(約278㎡~318㎡:1,200万USD~)
・最上階のペントハウス(477㎡)

<施設概要>
・プール / ・ジャグジー / ・280㎡のフィットネスセンターとプライベートスタジオ / ・スパルーム / ・美容コーナー / ・ダイニングルーム(2室) /
・ワインテースティングルーム / ・映画/パフォーマンスルーム /・クラブラウンジなどが完備

<交通アクセス>
ニューヨーク市地下鉄7線ー34丁目-ハドソンヤード駅直結
(ターミナルのペンステーション駅徒歩圏)

■新築マンションプロジェクト相談会内容

(1)米国不動産投資の魅力?

(2)マンハッタンのコンドミニウム市場の状況?

(3)ウェスト・マンハッタンの魅力と展望?

(4)ハドソン・ヤードについて?

(5)15ハドソン・ヤード(高層居住用ビル)について?

(6)コンドミニアムの販売価格や設備について?

参加者の皆様の様々なご質問にお答えします。

アエルワールドではプロジェクトの情報収集から現地視察、
弁護士のご紹介、永住権申請までサポートを行っております。

【相談会開催日時】

2017年7月29日(土) (3組様限定)
14:00~15:00

【相談会会場】
株式会社アエルワールド新宿本社
東京都新宿区新宿3-2-1 京王新宿321ビル7階

【アクセスマップ】 https://goo.gl/cXCJ3l

【参加費】2000円(お二人まで)

【予約方法】:※要予約
1.TEL:0120-070-069(平日9:00-18:00)

2.サイトフォーム:http://www.aerworld.co.jp/topics/?page_id=306

3.Mail:info@ablife.jp

※相談会は予約制となっておりますので、
ご予約の上、ご参加くださいますようお願い申し上げます。

【7/29:14時】永住権が容易に取得できるポルトガル投資ビザ相談会

■世界中の富裕層が注目するポルトガルの投資ビザ(黄金ビザ)をご紹介します

ポルトガル黄金ビザとポルトガル不動産相談会のお知らせ

日本ではまだあまり知られていませんが、快適で安全な生活環境、優れた医療制度、英米国などに比べて教育費が安いインターナショナルスクールなど数多くのメリットを提供するポルトガルは、海外富裕層やヨーロッパの退職者などによる不動産の投資先として、あるいは子供の教育や家族揃っての長期滞在のための永住権取得や移住先として、現在世界中から注目を集めています。

温暖な地中海気候に恵まれ、中世の雰囲気を残したリスボンやポルトの街並みとのんびりした田舎の風景が共存するポルトガルは、物価が安く英語が良く通じる毎日の暮らしがとても快適な国です。イワシやタラなどを使ったシーフードやお米を食べるポルトガル料理は、日本人にとても親しみやすいものです。面倒見の良い人々の優しさは日本の心と共通するものがあると言われています。

また、ポルトガルは世界の“最も平和で安全な国”ランキングで3位に選ばれたとても安全な国です。治安が良く、難民問題やテロリズムの危険が小さく、国民性も温和で勤勉であるといった理由からポルトガルへの進出を決断する海外企業も多数あります。医療水準と教育水準が高く、スペインと比べて英語が良く通じることから、北欧などからの移住者も数多く住んでいます。

そのポルトガルが2012年に開始したのが、EU加盟国以外の人々が不動産投資によって長期居住権や永住権を取得することができる投資ビザ、黄金ビザ(Golden Visa)と呼ばれるプログラムです。

この相談会は、情報入手が難しいポルトガル黄金ビザとポルトガル不動産を理解する絶好の機会です。関心がおありの方は是非ご参加下さい。

【ポルトガル黄金ビザ】

ポルトガル黄金ビザでは、ポルトガル国内の不動産に50万ユーロ以上(建築後30年以上の中古物件の場合は35万ユーロ以上)を投資することにより居住権の取得が可能となります。当初は1年間の居住が許可され、その後も不動産を保有することによりビザが更新され、5年を経過すると永住権の申請が可能となります。

不動産投資金額が50万ユーロ(約6,300万円)以上と比較的低く、投資や滞在要件の制約が少なく、一家3代の長期居住が可能となる黄金ビザはたちまち人気となり、2017年4月末までに5,000人超の投資家が総額30億ユーロ(約4,000億円)を投資するという大きな成功を収めています。

黄金ビザ保有者の現地滞在必要日数は、1年目が7日、その後は2年間ごとに各14日と極めて短期で、不在期間には不動産を賃貸に出し賃貸収入を得ることができます。5年後以降は不動産の売却も可能です。永住を前提としなくても、お子様の留学や退職後の長期滞在などご家族の人生プランに沿ったフレキシブルな居住の仕方が可能です。

黄金ビザを用いて一家3代で移住することができます。申請に当たっては、投資資金の出所、学歴、就業歴、言語能力、年齢に関する要件と調査はなく、黄金ビザ保有者はポルトガル国内で仕事、就学、事業を行うことができます。

【ポルトガルの不動産市場】

ポルトガルの経済と不動産市場は堅調に推移しています。2008年のリーマンショックで大きな打撃を受けたヨーロッパ経済ですが、2014、2015年から明らかに回復に転じています。イギリスのEU離脱決定の後も、ドイツとフランスを中心にEU加盟国の一層の結束の強化が見込まれ、ユーロの見通しも堅調です。

相対的に割安なポルトガルの不動産市場には、中長期的な価格上昇を見込んだ国内外の投資資金が流入しています。ポルトガル国家データ統計局(INE)が発表した2016年の第三四半期の不動産価格指数(HPI)は、前年同期から7.6%上昇(第二四半期の同上昇率は6.3%)となりました。

地中海の観光地として人気だったエジプト、トルコ、モロッコなどの国々が治安の悪化から最近やや敬遠されていることも、安全なポルトガルの評価を高めており、フランス人やドイツ人による不動産投資が増加しています。

ポルトガル黄金ビザの成功に伴う海外からの資金流入、快適な気候と生活環境を好感する富裕層の別荘購入、生活費が安いことを好むヨーロッパの定年退職層の移住のための購入、そして2008年以降の経済危機を脱し購買能力を取り戻したポルトガル人による購入増などに支えられ、ポルトガル不動産価格の上昇が今後も続くと思われます。

■ポルトガル黄金ビザとポルトガル不動産相談会の内容

(1)ポルトガルの概要と魅力?

(2)黄金ビザの詳細と申請要件

(3)ポルトガルの不動産市場の状況

(4)ポルトガルのインターナショナルスクール

参加者の皆様の様々なご質問にお答えします。

アエルワールドではプロジェクトの情報収集から現地視察、弁護士のご紹介、永住権申請までサポートを行っております。

【相談会開催日時】

2017年7月29日(土) (3組様限定)
14:00~15:00

【相談会会場】
株式会社アエルワールド新宿本社
東京都新宿区新宿3-2-1 京王新宿321ビル7階

【アクセスマップ】 https://goo.gl/cXCJ3l

【参加費】2000円(お二人まで)

【予約方法】:※要予約
1.TEL:0120-070-069(平日9:00-18:00)

2.サイトフォーム:http://www.aerworld.co.jp/topics/?page_id=306

3.Mail:info@ablife.jp

※相談会は予約制となっておりますので、
ご予約の上、ご参加くださいますようお願い申し上げます。

土曜日開催!【7/29:13時&15時】 アメリカ・カナダ投資永住権相談会

■申請期限が迫る!  アメリカ・カナダ投資永住権相談会のお知らせ

ハワイ、カリフォルニア州、ニューヨーク、 とにかくアメリカに住みたい。

original

やっぱりカナダに住みたい!

そんな時に必要なものは永住権。

家族全員でアメリカ(EB5)やカナダ(ケベック投資移民)に居住できる

永住権の中でも投資する事で申請可能な投資家ビザの相談会を開催致します。

投資家ビザと言っても細かい既定がありますが、アメリカとカナダは

比較的簡単な条件で申請可能な条件となります。

しかし、、、それぞれ申請の期限が迫っていることが特徴です。

【アメリカのEB5申請条件概要】

1.投資条件:最低50万USDの合法的手段で蓄積された資金で投資が可能なこと
2.個人条件;健康で犯罪経歴が無く、永住権取得後に自立した生活の維持の証明ができること
3.職歴:無し
4.申請期限:2017年9月30日まで(延長の可能性有り)

(延長は未定ですが、米議会では80万ドルや135万ドルにアップさせるべく、活動しているグループもあります。)

報道情報はこちらよりご参照ください。

【カナダのケベック投資移民申請条件概要】

1.資産証明:合法的手段で蓄積された160万(約13600万円)カナダドル以上の資産
2.投資金額:80万カナダドル(約6900万円)の無金利預金or22万カナダドル(約1900万円)程度の支払い
3.職歴:経営者歴かマネージメント歴(一定人数の部下が必要)
4.申請期限:2018年2月23日まで(人数制限有)。
※1CAD=85円で試算
※バンクーバーやトロント等、ケベック以外に居住希望の方はご相談ください。

カナダ・永住権カード

しかし就労や学生ビザ、ビジネス系ビザは、他の先進国と比較しても難易度は低くありませんが、アメリカのEB5という投資永住権(グリーンカード)、カナダのケベック投資移民(投資永住権)に限っては、先進国と比較しても極めて低く、カナダは1900人程度と限られていますが、アメリカに至っては2014年度は8000人以上、2015年度でも7000人以上の中国人が取得しています。

つまり今は、ある程度の条件を満たし、
一定の資金を投資するだけで永住権を取得できる状況なのです。

そんな時、最も気になるのが投資したお金がどうなるのか?
どんなものに投資するのか?ということになります。

カナダに関しては最低22万カナダドルの投資(支払い)で完了します。

しかしながら、アメリカ(EB5) の50万ドルの投資対象ははアメリカ全土に広がり、様々なプロジェクトが乱立しております。

連絡しても返事がない会社や、過去の実績がほとんどないプロジェクト、
申請が受け付けられなかったプロジェクトや、継続的に実績を積み上げている
プロジェクト、一定の配当(3-5%)がもらえるものから、配当は少ない(0.5-1%)が一定期間後に元本が返金されるローン型の投資プロジェクトまで、様々。

■EB5で出来ること、プロジェクトとは?!

(1)EB5/投資永住権とはどんなものなのか?

(2)EB5プロジェクトはどう選べばよいか?

(3)私はEB5を申請できるのか?

(4)EB5の申請は難しいのか?

(5)EB5でハワイに住めるか?

(6)EB5で子供の教育費は??

などなど、様々な疑問がおありかと存じます。

アエルワールドではプロジェクトの情報収集から現地視察、

弁護士のご紹介までサポートを行っておりますので、

この機会に是非ご相談ください。

【相談会開催日時】

2017年7月29日(土)
1.13:00~14:15
2.15:00~16:15

【相談会会場】
株式会社アエルワールド新宿本社
東京都新宿区新宿3-2-1 京王新宿321ビル7階

【アクセスマップ】 https://goo.gl/cXCJ3l

【参加費】2000円(お二人まで)

【予約方法】:※要予約
1.TEL:0120-070-069(平日9:00-18:00)

2.サイトフォーム:http://www.aerworld.co.jp/topics/?page_id=306

3.Mail:info@ablife.jp

※相談会は予約制となっておりますので、
ご予約の上、ご参加くださいますようお願い申し上げます。

【7/12:18時】 米国永住権EB-5説明会

■EB5期限直前!  アメリカ投資永住権EB5説明会のお知らせ

original

ハワイ、カリフォルニア州、ニューヨークやとにかくアメリカに家族で住みたい。
そんな時に必要なものはビザ。

この度家族でアメリカに居住できるEB5の最新情報をお届けする説明会を開催致します。

※2017年5月5日までが期限でしたが、2017年9月30日まで延長が決まりました。

(その後は未定ですが、米議会では80万ドルや130万ドルにアップさせるべく、活動しているグループもあります。)

報道情報はこちらよりご参照ください。

しかし就労(H)や学生ビザ(F)、投資(E)等のビザは、他の先進国と比較しても難易度は高いですが、EB5という投資永住権(グリーンカード)に限っては、先進国と比較しても極めて低く、2014年度は8000人以上、2015年度でも7000人以上の中国人が取得しています。

つまり今は、主に50万ドルを投資するだけでグリーンカードを取得できるのがEB5というプログラムなのです。

実際の申請には投資の実行以外にも合法的な投資資金の証明等も必要ですが、一般的な投資ビザに求められる、キャリアも英語力も年齢すら求められないことが大きな特徴です。

グリーンカード

グリーンカード

そんな時、最も気になるのが投資したお金がどうなるのか?
どんなものに投資するのか?ということになります。

実は今、アメリカ全土に様々なプロジェクトが乱立しております。

連絡しても返事がない会社や、過去の実績がほとんどないプロジェクト、
申請が受け付けられなかったプロジェクトや、継続的に実績を積み上げている
プロジェクト、一定の配当(3-5%)がもらえるものから、配当は少ない(0.5-1%)が一定期間後に元本が返金されるローン型の投資プロジェクトまで、様々。

■EB5で出来ること、EB5のプロジェクトとは?!

(1)EB5/投資永住権とはどんなものなのか?

(2)EB5プロジェクトはどう選べばよいか?

(3)私はEB5を申請できるのか?

(4)EB5の申請は難しいのか?

(5)EB5でハワイに住めるか?

(6)EB5で子供の教育費は??

などなど、様々な疑問がおありかと存じます。

アエルワールドではプロジェクトの情報収集から現地視察、
弁護士のご紹介までサポートを行っております。

今回の個別相談会ではEB5情報と共に、申請のプロジェクトなど
最新情報をお届けします。

【EB5の主な申請条件】

1.移民法規定による最低50万USD以上の投資が可能なこと
2.永住権取得後、充分に生活が出来ること
3.過去に重大な犯罪経歴が無いこと
4.健康であること

【相談会開催日時】

2017年7月12日(水) (3組様限定)
18:00~19:30

【相談会会場】
株式会社アエルワールド新宿本社
東京都新宿区新宿3-2-1 京王新宿321ビル7階

【アクセスマップ】 https://goo.gl/cXCJ3l

【参加費】2000円(お二人まで)

【予約方法】:※要予約
1.TEL:0120-070-069(平日9:00-18:00)

2.サイトフォーム:http://www.aerworld.co.jp/topics/?page_id=306

3.Mail:info@ablife.jp

※相談会は予約制となっておりますので、
ご予約の上、ご参加くださいますようお願い申し上げます。

【7/12:18時】ニューヨーク*マンハッタンの新築マンション説明会

■マンハッタンに残された最後の大型再開発(東京ドームの約2.5倍)

ハドソン・ヤードの新築マンション説明会のお知らせ

米国への親子留学や長期滞在、あるいは移住や投資目的で米国不動産取得を考えていられる方々に、ニューヨーク、マンハッタンの高級新築マンション(以下、コンドミニアム)をご紹介します。

米国はダイナミックに成長を続ける活力あふれる国です。好調な経済を背景に不動産市場は堅調に推移しています。特に優良都市の住宅への需要は強く、中長期的に大きな投資リターンが期待されています。

ニューヨークは世界の金融の中心地として一段の発展が見込まれており、文化、アート、音楽、演劇、ファッション、教育などに分野でも世界の多くの人を引きつける魅力に溢れています。

この説明会は、情報入手が難しいマンハッタンのコンドミニアム市場を理解する絶好の機会です。関心がおありの方は是非ご参加下さい。

【ハドソン・ヤード再開発】
元々車両基地であったハドソン・ヤードにオフィス、住宅、商業スペース、アート活動のための16棟の超高層ビルが建設され、広大な緑地と公共空間に囲まれます。また、ニューヨークの最も新しい3つの公園の合流地点でもあります。

<ハドソンヤード再開発後のイメージ画像>

再開発後のイメージ

<再開発前>

そこは、650,000 m²超のオフィススペース、約4,000戸の高層住宅、高級デパート、個性的なブティック、数々の人気レストランやマーケットを備えた93,000 m²の商業スペース、175室の高級ホテル、スポーツ施設、アートやパフォーマンスのための18,500 m²の文化施設(The SHED)、生徒数750の公立学校、および14エーカー (5.7 ha)の広場や緑地が広がる公共空間を共存する空間です。

15ハドソン・ヤードー高級コンドミニアム

15ハドソン・ヤードは、東プラットフォームに建設されている88階建ての居住用高層ビルです。4つの印象的なガラスの弧状で出来上がったユニークなデザインが特徴です。

街の最も高い建物の一つからは、ニューヨークのスカイラインとウォーターフロントの展望が広がります。室内は、そびえる天井、広いガラス窓、独創的なインテリアが調和する落ち着いた最高水準の空間です。

【物件概要】

<物件名>15ハドソンヤード

<所在概要>マンハッタン西側のダウンタウン地区に位置するハドソン・ヤード再開発内
(西端はハドソン・リバー・パークおよびハドソン川、東端は7番街および8番街、南端は西28丁目および30丁目、北端は西43丁目に位置しています。)

<再開発総面積>約28エーカー (東京ドームの約2.5倍)

<間取り>
・2BR(約145㎡~216㎡:370万USD~)
・3BR(206㎡~223㎡:637万USD~)
・4BR(約278㎡~318㎡:1,200万USD~)
・最上階のペントハウス(477㎡)

<施設概要>
・プール / ・ジャグジー / ・280㎡のフィットネスセンターとプライベートスタジオ / ・スパルーム / ・美容コーナー / ・ダイニングルーム(2室) /
・ワインテースティングルーム / ・映画/パフォーマンスルーム /・クラブラウンジなどが完備

<交通アクセス>
ニューヨーク市地下鉄7線ー34丁目-ハドソンヤード駅直結
(ターミナルのペンステーション駅徒歩圏)

■新築マンションプロジェクト説明会内容

(1)米国不動産投資の魅力?

(2)マンハッタンのコンドミニウム市場の状況?

(3)ウェスト・マンハッタンの魅力と展望?

(4)ハドソン・ヤードについて?

(5)15ハドソン・ヤード(高層居住用ビル)について?

(6)コンドミニアムの販売価格や設備について?

参加者の皆様の様々なご質問にお答えします。

アエルワールドではプロジェクトの情報収集から現地視察、
弁護士のご紹介、永住権申請までサポートを行っております。

【相談会開催日時】

2017年7月12日(水) (3組様限定)
18:00~19:30

【相談会会場】
株式会社アエルワールド新宿本社
東京都新宿区新宿3-2-1 京王新宿321ビル7階

【アクセスマップ】 https://goo.gl/cXCJ3l

【参加費】2000円(お二人まで)

【予約方法】:※要予約
1.TEL:0120-070-069(平日9:00-18:00)

2.サイトフォーム:http://www.aerworld.co.jp/topics/?page_id=306

3.Mail:info@ablife.jp

※相談会は予約制となっておりますので、
ご予約の上、ご参加くださいますようお願い申し上げます。

カナダ・ケベック州の投資永住権申請サポート開始のお知らせ

最近までカナダの投資永住権は連邦政府とケベック州のプログラムがありましたが、従来の連邦政府の投資移民プログラムは廃止されています。しかしながら、本年2月末で中断されていたケベック州の投資永住権の再開情報がほぼ確実となったため、投資永住権の申請サポートを開始させていただくことになりました。

ケベック州の投資永住権プログラムは、一定のビジネス経験と最低160万カナダドル以上の資産条件があります。下記が主な申請条件となりますが、投資の実行が主な目的のため、特に起業することは求められておりません。

募集数は1900(570が日本人を含めた中国籍以外の枠)と限りがありますので
ご希望の方は一日も早いご準備をお薦めします。

Quebec2

 
<申請条件概要>
1.資産証明:160万(約13600万円)カナダドル以上
2.投資金額:80万ドル(約6900万円)の無金利預金or22万ドル(約1900万円)程度の支払い
3.職歴:経営者歴かマネージメント歴(一定人数の部下が必要)
4.申請時期:2017年5月29日~2018年2月23日まで申請受け付けになると思われます。
※1CAD=85円程度で試算
ご関心がおありの方は0120-070-069こちらまでお問い合せください。

以上です、査定をご希望の方はこちらよりお問い合わせください。